手術

瞑想する女の人

わきの下の臭いが気になるのなら、まずは美容外科で臭いの原因を特定してもらいましょう。
ほとんどの場合は、腋下臭症といって俗に言うワキガと診断されるはずです。
ワキガとは、アポクリン腺という汗腺の一種から分泌される汗を、皮膚の常在菌が分解することで発生すると考えられています。
ですから、アポクリン腺から出る汗自体には臭いはありません。
そして、ワキガの有無はアポクリン腺の多さで決まり、遺伝するとも言われています。
また、元々病気ではありませんが、臭いを気にするあまり、引っ込み思案になったり、精神的にダメージを受けてしまう人もいるのです。
ですから、ワキガをそのまま放っておくことはせずに、早い段階で美容外科の医師に相談してみることです。

ワキガの治療については、対症療法と根治療法に分けて考える必要があります。
まずは、対症療法ですが、これにはアポクリン腺から分泌される汗を抑える方法と、汗を分解する細菌を殺菌する方法があります。
汗を抑えるためには、市販されている制汗剤などが効果的です。
また、殺菌にはアルコール消毒が有効です。
ただし、暑い夏にはすぐに汗が出てしまうことも考えられますから、こまめにお手入れをする必要があります。
その一方で、根治療法を行えば、わきの下のお手入れもほとんど必要無くなるのです。
根治療法には、アポクリン腺を観血的に切除する方法と、皮膚の上からマイクロウェーブを当ててアポクリン腺を焼き切る方法があります。
いずれの方法も美容外科で行うことができますから、まずはネット等で評判の良い美容外科を探してみましょう。